外来のご案内
外来のご案内
Outpatient

脳神経内科

脳神経内科

当科では、脳神経内科専門医2名で小学生以上の子供さんと成人、脳神経内科疾患のみならず、多数の病気を持つ高齢者の方々、神経難病の患者さんの診療を宇治地区の医療施設の協力を得て行っています。また、疾患や重症度により当院で対応困難な場合は、専門的な検査や診療の出来る関連病院に速やかに連携を取り、適切な医療を提供出来る体制を取っています。入院診療に加え、金曜日の午前に脳神経内科の外来診療を行っています。

担当医師

大井 長和

神経学会専門医、内科学会認定医、神経学会指導医、神経眼科学会相談医、京都大学脳神経内科臨床教授

林 紗葵

神経学会専門医、内科学会認定医

脳神経内科とは?

脳神経内科は、頭痛、めまい、痺れをきたすいろいろな病気、意識がなくなり手足を震わせるけいれん発作、財布・自宅のカギ・車のカギなどの大切な物の置き場所を忘れる認知症、急に手足が動かなくなる運動麻痺や言葉を話せなくなる脳卒中、物が2つに見えたり、揺れて見える眼振や眼球運動障害を来す疾患、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病の診断・治療を内科的に行う診療科です。

このような病気は、大脳・小脳・脳幹・脊髄などの中枢神経、末梢神経、神経と筋肉をむすぶ神経・筋接合部、筋肉の異常で出現します。また、病状によっては脳神経外科、あるいは精神科に紹介します。

入院が必要な場合は、当院もしくは病状に応じた病院に紹介をして入院診療が出来ます。地域に密着した診療科として、標準的な診療水準の維持と診療のレベルアップに努めたいと思います。

認知症について

認知症をきたす疾患には、原因により治療可能なタイプがありますので、受診をされることが望ましいと考えます。物忘れをきたす病気には、早期診断で治療ができる甲状腺機能低下症、正常圧水頭症、ビタミンB1・B12欠乏症などに加えて、薬剤投与で病状の改善が期待出来るびまん性レビー小体病などがありますので、当院の脳神経内科外来(金曜)もしくは物忘れ外来(月-木曜、精神科の先生)の受診をおすすめします。

外国の方の診療について

外国の方の診療は、英語を話せる方、あるいは英語・日本語で通訳をしてくださる同伴の方の同席があれば診療出来ます。当科の医師2名は脳神経内科専門医資格をもち、英語をある程度は話せますので、気楽に受診いただければ幸いです。

To the visitors suffering from neurological symptoms.

We can take care of the patient who has headache, vertigo, numbness, gait disturbance and any neurological symptoms except psychiatric diseases. We are board-qualified neurologists who can communicate with you by English or Japanese. I had the clinical exposure at Mayo Clinic in Rochester, The Johns Hopkins Hospital in Baltimore, and Toronto Western Hospital in Toronto. When you want to come to our clinic, it is better to make an appointment by telephone (tel: 0774-32-8111). Our clinic is currently open in the morning on Friday (9:00AM-12:00AM)

Takekazu Ohi, MD, PhD
Chief, Department of Neurology
Uji Obaku Hospital, Uji,-city, Japan

Clinical Professor, Department of Neurology
Kyoto University Hospital
Kyoto-city, Japan

×

精神療養病棟

A5病棟(精神科療養病棟)

60床、男女混合の精神療養病棟です。
短期間の急性期治療ではなく、地域移行を目指したリハビリ活動を中心に、個人に合わせたケアをゆとりをもって提供しています。
医師・看護スタッフだけでなく、専従の作業療法士や退院支援相談員、療養病棟を担当する精神保健福祉士が、多面的な視点での関わりを意識してサポートにあたります。
ユーモアのある病棟独自の新聞を発行して、ご家族との繋がりも大切にしています。

×

療養病棟(医療)

A7病棟(医療療養病棟)

内科的疾患の治療が必要であっても病状が比較的安定しているかたや、脳卒中などの後の急性期リハビリを終えて継続的なリハビリを要しているかたなどにご利用いただいています。
長期療養だけでなく在宅復帰や他施設への入所も念頭におきながら、個別に応じた看護・介護を実践しています。季節ごとのレクリエーション等も積極的に行うことで、入院しているかたにとって楽しい生活の場となるよう取り組んでいます。

×

介護医療院「むつみ」

介護医療院「むつみ」

長期療養を必要とされる方に、出来る限り自立した暮らしを営めるよう支援しています。具体的には、要介護度1以上の方を対象として、介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成した「施設サービス計画」に基づいて、

  • 療養上の管理
  • 看護&医学的管理下における介護
  • その他の介助
  • 機能訓練(リハビリ・必要な医療)

等を行うことによって、入居者の方がそれぞれの能力に応じた生活を送れるように支援する事を目的としています。
また、長期療養だけでなく在宅でお過ごしの方も短期入所療養介護(ショートステイ)としてご利用いただけます。

生活の場である療養環境の「住み心地」を大切にして(お一人当たり8平方メートル)、温かな笑顔と思いやりを持って日々のケアを実践しています。
また、ホールからご覧いただける(C棟最上階)宇治市街の展望もお楽しみいただけます。

入所のご相談、ショートステイのご相談などお気軽にご相談ください。

介護医療院「むつみ」の利用相談は

Tel:0774-32-8111
(代表)

Fax:0774-32-6358