イメージ
お悩み別ガイド

お問い合わせ・ご相談


物忘れが気になる方へ

「このごろ、もの忘れがひどくなってきて・・・」
「人の名前もなかなか覚えられないけど・・・」
「大丈夫?このごろボケてきたんじゃないのとみんなにいわれるけど・・・」
「誰だって年をとればもの忘れはあるらしいし、外ではしっかりしているのに・・・」

このように「認知症」(痴呆)や「ボケ」に対して不安を抱いている方は多く、また急速に進む高齢化社会においては、「認知症」の問題はもはや他人事では なくなってきました。むやみに恐れる必要はありませんが、よりよい老年期を過ごすために、あるいは快適に介護を続けるためにも、正しい知識を身につけることは大切です。

もの忘れって病気なの?
認知症(痴呆)の初期症状について
精神科医師 樋川毅
認知症ってどんな病気?
精神科医師 岡ア信也
どんなふうに治療するの?
精神科医師 奥宮祐正
家族介護のコツ
訪問看護ステーション「京たなべ」  所長 新田順子
介護に使える制度やサービス
地域連携室 精神保健福祉士 福間奈美
認知症かな?と思ったら
「うつ」判断チェックシート

もの忘れって病気なの?
認知症(痴呆)の初期症状について

もの忘れは加齢に伴い生理的に起こる変化の一つですが、認知症は脳の障害による記憶・判断・思考の障害をいいます。 病的な、もの忘れには

  • たった今食事をしたことをすぐ忘れ、すぐにまた要求する(記憶障害)
  • 季節や時間、場所、娘や息子のことがわかなくなっている(見当識障害)
  • お金の支払いができなくなる(判断の障害)

などがあります。
「記憶障害」は本人が何度も同じことをたずねることで分かる場合があります。アルツハイマー型認知症の初期においては、話そのものにおかしな点はないのに、自分のいった言葉や相手の返答はすぐに忘れてしまうという特徴がみられるためです。

生理的なもの忘れの場合には、人の名前などを思い出せないことはあっても一時的なものであり、記憶力が衰えたとしても日常生活には支障をきたさない範囲です。

認知症の始まりには、今までになかったことが起き、生活に支障が出てきます。
例えば、

  • 明るさや親しみがなくなる
  • 身体的不調を訴え、イライラし気持ちが沈む
  • 怒りっぽく頑固になる
  • 趣味や興味を失い会話が減り、外出しなくなる
  • 身だしなみにかまわなくなり、だらしなくなる

などです。
認知症は一般的には進行性で、症状も変化してきます。また、治療可能な認知症があり、認知症のような症状を呈していても認知症でない場合もありますので、「認知症かな」と思ったら、専門医への早めの受診が大切です。

精神科医師 樋川毅

認知症ってどんな病気?

代表的なものに、アルツハイマー型老年認知症と脳血管性認知症とがあります。

アルツハイマー型老年認知症は、脳の神経細胞が変成・脱落し、脳が萎縮していく原因不明の病気です。そのため身体的な障害はほとんどないのですが、認知症症状は徐々に進行していきます。たとえば、その人に大切なことなのに覚えられなかったり思い出せなくなるなどの記憶障害に加え、言葉の理解ができなくなって会話が不自由になったり、着衣などの動作がとんちんかんになったり、意識ははっきりしているのに物が何なのかわからなくなったり、計画を立てたり段取りをすることなどができなくなります。このような変化が気付かないうちにゆるやかに進行し、対人関係や仕事などさまざまな場面で、いろいろなことがうまくやれなくなります。しかし病気を早期に発見し、適切な治療をはじめれば、進行をある程度くいとめることができます。

脳血管性認知症とは、脳の血管がつまったり、脳出血などに引き続き起こる認知症です。小さな梗塞がたくさんできて認知症になることもあります。梗塞が出来るたびに脳の働きが急激に低下するため、階段を一段一段下りていくように悪くなります。アルツハイマー型認知症は脳全体を侵しますが、脳血管性認知症では梗塞ができる場所の機能が障害されるため、身体症状や局部的な障害が目立つことがあります。例えば、知的能力ではもの忘れは激しいのに理解力が保たれる「まだら 認知症」になったり、言語中枢が障害されて言葉が不自由になるなどです。ほかには涙もろく神経過敏となる傾向もあります。

精神科医師 岡ア信也

どんなふうに治療するの?

薬物による治療とその他の治療に分けられます。

薬物療法

「アルツハイマー型認知症」は、脳の萎縮にともなって記憶障害をきたします。数年前に発売されたドネペジルは記憶の障害を改善しようとする薬であり、 認知症の進行を遅らせることが期待できます。
「脳血管性認知症」は、脳出血や脳梗塞などを原因とする脳の循環低下・機能低下にともなって認知症状態をきたします。脳循環改善薬、脳代謝賦活剤などが 認知症の進行を防いだり、遅らせたりするのに有効です。

認知症には多彩な随伴症状が見られますが、うつ状態には抗うつ薬、幻覚・妄想には抗精神病薬、せん妄には脳代謝賦活薬や抗精神薬が特に有効です。高齢者では薬剤の代謝・解毒機能が低下している場合が多く、使用時には少量からスタートして十分な観察をするなど細心の注意が必要です。

こうした薬は病的な神経系に作用するばかりでなく、正常な神経系に作用することもあり、副作用という形で出てくることがあります。このような場合、投薬中止にて回復します。

その他の治療法

古い記憶を聞き出すことによって記憶機能に刺激を与える「回想法」は、記憶力を保持するのに有効であるばかりか、表情や感情の表出が豊かになり、無関心だった態度が改善するなどの効果があります。
認知症老人は記憶や判断力の障害により、周囲の状況が把握できずに混乱したり不安になったりします。この不安を取り除くことが重要で、それには「笑顔」での対応が最も有効のようです。


精神科医師 奥宮祐正

家族介護のコツ

「介護は24時間365日です!」
ひとくちに認知症といっても、初期のものから進行したものまでさまざまです。認知症の状態についても、一日のうちで変動したり、天候によっても左右されたりします。
また、認知症の方は、身体は動かせてもうまく意思表示できないため、コミュニケーションが取れなくなりがちです。そのため、本人はもちろん、介護する側 にもイライラがたまりやすくなります。介護する側が疲労すると相手に優しくできなくなり、お互いの関係がますます悪化するという悪循環に陥りやすくなります。

介護を長続きさせるために大切なこと

  1. 一人で悩まず、誰かに相談しましょう。
    身内の方、主治医、ケアマネージャ、訪問看護師など。
    自分のことを誰かに理解してもらえると気持ちが軽くなります。
  2. 介護を代わってもらえる人を見つけましょう。
    身内の方、ショートステイ、デイケア・デイサービス、ヘルパーの利用など。
    それによって自由になった時間を、普段できない用事やリフレッシュタイムに使ってみてはどうでしょうか。ショッピングや美容院、友人と過ごす時間などはきっと、よい気分転換になるはずです。
  3.  
  4. 相手を憎まず「病気がそうさせているんだ」と理解する。長く生きてこられた人生の先輩として〜。
    本人ができなくなったことを悔やまないようにしましょう。
    本人にできることを一つでも見つけて、ともに喜び合える関係になれるといいですね。

訪問看護ステーション「京たなべ」 所長 新田順子

介護に使える制度やサービス

介護を受けねばならなくなったとき、暮らしやすい日々を送るために市町村では各種制度を設けています。また、平成9年より介護保険制度が創設されました。介護保険制度では、利用者が専門家の力を活用して、自分自身の責任で介護サービスを選択し、契約することになります。

介護保険制度

介護保険制度は、原則として40歳以上の方が介護保険の対象です(1号被保険者:65歳以上の方。2号被保険者:40歳以上65歳未満の方。ただし2号被保険者は、特定疾病に該当することが必要です)。
介護保険サービスを利用するにはまず、要介護認定の申請を行います。要介護状態の区分は「要支援」から「要介護5」になります。介護認定をうけた方は、介護支援専門員(ケアマネージャー)と相談して、心身の状態、家庭の状況等に適した介護サービス(ケアプラン)を作成しサービスを利用します。

介護保険で利用できるサービスは、在宅サービス(14種類)と施設サービス(3種類)になります。在宅サービスでは、2つに分類した区分(訪問通所サービ スと短期入所サービス)ごとに、利用できるサービスの費用に限度額が決められています。サービス1回(日)あたりの自己負担額は、介護費用の1割になります。

医療法人栄仁会では、宇治おうばく病院に加えて、介護保険関連施設が6箇所あります。



宇治おうばく病院をはじめ、上記の各ステーションは居宅介護支援事業所でもあります。介護保険サービスや精神保健福祉サービスのご相談にも対応させていただきます。




利用に関しては、担当介護支援専門員にお問い合わせください。


※訪問看護ステーションとは
病状の観察・床ずれ処置のほかに、食事・排泄・入浴などの介助や助言などをおこないます。
24時間いつでも連絡の取れる体制を整えています。

介護保険以外のサービス

介護保険の対象とならないものの(自立と認定された方)、在宅で生活を維持するうえで、援助が必要な高齢者のためにさまざまなサービスがあります。


  • ひとり暮らしあるいは寝たきりや認知症の高齢者がいらっしゃる世帯へのサービス
    配食サービス・緊急通報システムなど。
  • 家庭で介護する家族へのサービス
    家族介護用品・家族介護者ヘルパー研修受講支援事業など。

これらのサービスや制度は、市町村が独自で行なっていることがあります。そのため、各区役所・市役所・支所などの窓口で確認してください。


地域連携室 精神保健福祉士 福間奈美

認知症かな?と思ったら

ご相談窓口

京都府宇治市
宇治おうばく病院 地域連携室
外来受診や入院、介護保険、訪問看護・ホームヘルプサービスなど、あらゆる相談に応じます。

京都府宇治市
栄仁会ケアプランセンターおうばく

治療機関・介護サービス

栄仁会には、認知症をもっておられる方に対するいろいろな治療・介護のメニューがそろっています。 受診・利用を希望される方は、まず上記相談機関までご連絡下さい。

京都府京田辺市
栄仁会新田辺診療所
近鉄新田辺駅前にある精神科クリニックです
栄仁会デイサービスでんでんむし